ウォーターサーバーは京都に必要?

ウォーターサーバーを京都で導入しようと思っている人は少なくないと思います。はたして京都の放射線量はどのようになっているのでしょうか?

ウォーターサーバーを京都でお考えの方に

放射線問題でウォーターサーバーを京都で導入しようとしているご家庭・企業は多いと思います。
しかし、京都ではどれだけの放射線量になっているのか気になるところですよね。
もし、安全なのであればそこまでウォーターサーバーにこだわる必要もないわけですから。

ただ、現状はどこの水も安全とはかぎりません
まず、放射線は次第にエリアを拡大していますし、いつ京都に達するかもわかりません。
ましてや、京都で地震が起こったらと考えると水の確保は重要になると思います。

まずは、京都の水道水における放射線量について解説していきたいと思います。

ウォーターサーバーは京都で必要か?

京都市上下水道局は東京電力福島第一原子力発電所事故をうけ、
浄水処理前の水道原水について放射能測定を通常の年2回から頻度を増やして監視を強化しているようです。
その気になる結果なのですが、すべて定量下限値(0.3Bq(ベクレル)/リットル)未満だったことがわかっています。

京都市の水道原水は原発事故の影響はないと判断されており、
水道水への問題がないことを確認したと発表されているので、
現状の京都市の水道水は安全であることがわかっています。

ただし、これはあくまで現状の測定結果であることを忘れてはいけません。

ウォーターサーバーを京都で選ぶなら

いつの時代も安全な水を飲んでいたいものです。
汚染された水を飲んでいると、さまざまなトラブルが発生することは言うまでもありません。
だとすれば、今のうちから安全な水を飲んで健康を考えたほうが得策ではないでしょうか。

もしウォーターサーバーを京都で導入することをお考えなら、
できるだけ放射線被害がない採水地を確保しているメーカーがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォーターサーバーは京都に必要?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]