ウォーターサーバーの仕組みについて

ウォーターサーバーの仕組みってどうなっているんでしょうか?具体的な仕組みがわかると安全性も確認することができますよね。ちょっとウォーターサーバーの仕組みについて調べてみました。

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組みはちょっと複雑になっているようです。
中にはそれぞれ冷水と温水を貯めておくタンクが用意されており、常時、水を適温に保つことができます。
さらに温水用と冷水用のコックが付いていて、そのコックをひねることでそれぞれの水を飲むことができます。

ただし、ウォーターサーバーの仕組みはメーカーによって大きく異なります
内部には細菌などを除去するフィルターがついていますし、そのろ過方法も異なるはずです。
そのため、水の安全性を第一に考えるなら、ろ過技術が確かなメーカーを選ぶことが大切になります。

では、もう少し詳しくウォーターサーバーの仕組みについて解説したいと思います。

ウォーターサーバーの仕組み~水の安全性~

多くのウォーターサーバーは、水のボトルを開封して、サーバー機にセットするようになっています。
それぞれ温水、冷水タンクに水が入るようになっているため、ボトルの水の量は自然と減っていきます。
ここで問題となるのが、開封した水に細菌は入らないのかどうかです。

結論から言いますと、ボトルに空気が入ると細菌が繁殖しやすくなります
ですので、なるべく早めに使い切るほうがいいわけですが、一気に水を飲めるはずもありません。
そんな悩みもメーカーが技術力を駆使して解決してくれています

ほとんど空気が入らないウォーターサーバーが一般的となっているため、安心して利用できます。
やはりウォーターサーバーの仕組みは重要ですね。

ウォーターサーバーの仕組みでメーカーを選ぶ

ウォーターサーバーの仕組みを理解したら、最適なメーカーを選びましょう
細菌除去、ろ過に長けたウォーターサーバーがいいですね。
値段も大切ですが、まずはウォーターサーバーの仕組みから比較するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォーターサーバーの仕組みについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]