ウォーターサーバー 天然水ってどんな水?

ウォーターサーバーの天然水って一体どういった水になっているのかが気になりますよね。果たして放射線の影響はない水と言い切れるのでしょうか?

ウォーターサーバーの天然水ってどんな水?

誰もがウォーターサーバーの天然水と聞くと、自然に流れる水のことでは?と思うはずです。
これは間違いではないのですが、どのウォーターサーバーの天然水もそうかというと違います。
ヨーロッパメーカーである「エビアン」や「ボルヴィック」は自然に流れる水といってもいいでしょう。

しかし、日本におけるウォーターサーバーの水は、無殺菌・無除菌ではありません。
安全な水になるように採取した水をろ過・沈殿・加熱殺菌処理をしています。
これは義務付けられていることなので、ウォーターサーバーの天然水は安全な水なのです。
 
つまり、ウォーターサーバーの天然水は、自然そのままの状態で出荷されることはないということです。

ウォーターサーバーの天然水は安全?

より高い安全性が保持されなければ、ウォーターサーバーの天然水は出荷することができません。
つまり、ウォーターサーバーの天然水は安全が約束されている水ということ。
そのため、人間にとって害はない水ということができます。
 
ウォーターサーバーの天然水を選ぶメリットは、自然のミネラルが豊富に含まれている点です。
この恩恵で天然水特有の甘みや美味しさを堪能することができます。
現在のウォーターサーバーが提供する水の定番となっている「RO水」とは美味しさが違います。

ウォーターサーバーの天然水はおいしい

RO水は、一度自然のミネラルも全て取り除いて純水にする作業をしたものです。
さらに人工的にミネラル成分を添加・調整した水となっているため、本来の味が損なわれます。
安全性でいえば、ウォーターサーバーの天然水を超えますが美味しさは感じられないでしょう。

あなたがおいしい水を求めているなら、ウォーターサーバーの天然水がおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォーターサーバー 天然水ってどんな水?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]