ウォーターサーバーの市場規模について

ウォーターサーバーの市場規模は急激に拡大しています。その背景には東日本大震災の影響が見て取れます。やはり安全な水を求めている人が多いことがわかります。

ウォーターサーバーの市場規模

ウォーターサーバーの市場規模はここ数年で急激に拡大しています。
その理由は誰もがお分かりのとおり、東日本大震災の影響を受けているからです。
各地で問題となっている放射線汚染は、今も解決したわけではありません。

むしろ、放射線の分布を見てみると、各地に広がっていることがわかります。
関東圏にも放射線が届いているところを見ると、水の安全性はお世辞にも完璧とは言えません。
つまり、関東圏の水も放射線に汚染されていると言っても過言ではないのです。

このような背景によって、ウォーターサーバーの市場規模は拡大しています。

ウォーターサーバーの市場規模数値

2011年度のウォーターサーバーの市場規模を見てみると、前年度比131.7%増の830億円でした。
わずか数年という短期間で、毎年10%以上の伸びを示すことになったのです。
現在、ウォーターサーバーの市場規模は5年前の2.8倍にまで成長し、
2012年度も同14.5%増の950億円、2013年度には1000億円を超えると予測されています。

このウォーターサーバーの市場規模における数値が示しているように
誰もが安全な水を求めていることがわかります。
放射線に汚染された水を飲み続けると、あらゆる異常が起こります

もし、あなたに小さなお子さんがいらっしゃるなら、もう一度水について考えてください。

ウォーターサーバーの市場規模からわかる水の重要性

水は人間にとって欠かせないものです。
人間のカラダはほとんどが水分となっているように、安全な水を飲むことが生きることにつながります。
安全性がしっかりと保証されている水は、ウォーターサーバーの水しか見当たりません。

放射線測定を常に行っているメーカーなら安心した水を毎日飲むことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォーターサーバーの市場規模について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]