水の買い占めをしても無意味な理由

水を買い占めるといった騒動が起こった震災時。放射線問題によって、安全な水を手に入れようとしたわけですが、実はそれって無意味なんです。知ってましたか?

水を買い占めても無意味な理由

震災時、安全な水を求めて水を買い占める人が多くなりました。
私もそのなかのひとりだったのですが、よく考えるとそれって無意味だなということに気づきました。
たとえば、放射線は今関東まで広がっていますので、水道水はとても危険です

そして放射線はあらゆるものを汚染するため、放射線が広がっている範囲のものはすべて汚染される可能性があります。
勘のいい人ならもうおわかりになったことだと思います。
そうなんです、放射線の影響を受けている地域で水を買い占めても、すでにその水も汚染されているかもしれないのです。

水を買い占める行為は避けるべき

水を買い占める行為が起こってしまうのは、人々がパニックになっているからです。
もちろん、あの状態で冷静でいろというほうがおかしいわけですが。。
しかし、水を買い占めたところでその水が100%安全なわけではありません。

水の買い占めをなくすためには、普段から安全な水を確保しておくことが必要です。

放射線の影響を受けていない水を毎日飲むためには、ウォーターサーバーを選んでください

水を買い占めず、普段の生活にウォーターサーバーを

震災が起こったときに安全な水を確保できていれば、水を買い占めなくても大丈夫です。
ウォーターサーバーがあれば、十分に安全な水を確保できることでしょう。
そして、安全な水があれば、家族の健康を考えることもできます。

ウォーターサーバーの水は安全性がしっかりと保証されています。
そのため、水道水やペットボトル水とはわけが違うのです。

今から十分な安全を確保しておきませんか?
そして健康的な生活を維持するためにも、ウォーターサーバーを検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 水の買い占めをしても無意味な理由
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]