水道水は塩素を含んでいる!

水道水は塩素を必ず含んでいるので、100%安全とは言い切れません。これは今にはじまったことではなく以前からです。それでも水道水をあなたは使いますか?

水道水は塩素を含んでいるので注意!!

今はどなたでも汚染された水を避けるために、安全な水を求める時代になっています。
私たちが日常的に使用する水道水は塩素が含まれていることをご存知でしょうか?
なぜ水道水に塩素が含まれているか、それは水中の、病原となりうる微生物を除菌するためにです。

つまり、水道水を飲める状態、料理に使える状態、人間が何とか利用できる状態にするためには、
水道水に塩素を含むことが条件となっており、これは水道法施工規則によって定められています。
もちろん、含有されている塩素は、人間には何とも無い濃度となっていますが、魚は確実に死にます。

それに水草水槽も、一発でダメになるほど水道水の塩素は生物にとって危険なものなのです。
したがって、この水道水の塩素を対策するためには、もっとも水道水を避けるのが一番です。
皆さんもそれぞれ水道水の塩素対策を考えるべきです。

水道水の塩素対策はどうしたらいい?

私もずっと水道水の塩素対策を考えては悩みを繰り返していましたが、
やはり水道水の塩素をきれいに除去する方法は存在しませんでした。
浄水器などが発売されていますが、やはり長持ちするものでもないのでコストパフォーマンスはよくありません。

それにメーカーによって大きな差があるため、しっかりと水道水の塩素を除去できているかも謎です。
しかし、現状で水道水の塩素を気にせずに安全な水が飲める方法がひとつだけあります。

それはウォーターサーバーを導入することです。

水道水の塩素対策にはウォーターサーバーがベスト

ウォーターサーバーの水は厳しい管理と試験をパスした安全な水です。
そのため、人間にとって有害な成分は一切含んでいません。
もし、水道水の塩素対策を考えているなら、ウォーターサーバーがベストです。

ペットボトルの水よりも安く、コストパフォーマンスも素晴らしいものがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 水道水は塩素を含んでいる!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]